ペンのインクだけで「ほぼ日手帳」の印象が変わる

ペンの種類によって特長があるのはもちろんですが、使うペンのインクも大事なのだと考えさせられました。

image

上の写真の左側はフリクションボールで書いた文字、右側の写真はビクーニャで書いた文字です。

フリクションボールはインクがゲルインクに対し、ビクーニャは油性インク。

 

フリクションインキの薄い感じが文字全体を柔らく表現してくれています。

個人的に油性インクの力強さが好きですが、「ほぼ日手帳」となると話は別です。

 

このようにインクが違うだけで手帳を開いたときの印象や雰囲気を変えるので是非こだわってみてはいかがでしょうか?