男らしい「ほぼ日手帳」の活用法まとめ

毎年注目され、多くのファンを持つ「ほぼ日手帳」。

その中には男性ユーザーも多いでしょう。

手帳術、手帳活用というと女性らしい可愛らしく華やかなものであったり、ビジネス面などでの活用などが思い浮かぶと思います。

でも私は「ほぼ日手帳」を使う上で、そして男として「ほぼ日手帳」をそれだけで終わらせたくないんです。

 

そこで男性も使える「ほぼ日手帳」の活用法を考えていこうと思っています。

まず今回は自分の中で重要視していきたいポイントを挙げます。

以下は私が思っているだけことですので、その中でも合うものがあれば幸いです。

image

 

シンプルさ

特に男性は”手帳を使う”というとまず「仕事」が思いつくと思います。

スケジュール、タスク、目標などいくつもあるでしょう。

どれにおいても男性が最も求めるなことは手帳の中身が”シンプル”であることかなと思います。

「ほぼ日手帳」をシンプルに使って男らしさを演出

 

スッキリ感

上のシンプルさと被るイメージもありますが、私がイメージするスッキリ感というのは、手帳の書く内容が多い少ない問わずスッキリしていることです。

例えば、隙間無く文字で埋め尽くされた手帳でもその手帳によってはスッキリして見えることもあります。

これをできるようにするには自分の手帳を理解することです。

スッキリした「ほぼ日手帳」にするにはスペースがポイント

 

ラフな感じ

上の二つだけだとまだ男らしさがまだ見えてきません。

私は男性の手帳らしい雑というかラフな感じが好きですのでこだわりたいポイントです。

今までの概念を打ち砕くラフな「ほぼ日手帳」

 

男ならではのこだわり

最後に、男として使う以上、一つでもいいので自分だけのこだわりを持ちたいですね。

それによってオリジナル感が出るのはもちろん、これこそが「ほぼ日手帳」を使う一番のポイントではないでしょうか?

こだわりを持ちオリジナルの「ほぼ日手帳」に

 

具体的な活用法は一つずつ記事で紹介し、解説しております。

 

▼こちらも合わせてご覧ください
男性にも合ったほぼ日手帳の活用法