メモやアイデア、企画を考える時には手帳よりもノートが便利!

a0002_011008

素人ながらも今ではブログにて手帳術を紹介している私ですが、手帳を使い始めた頃は手帳に何を書けばいいのか全く分かりませんでした。

そんな手帳を使いこなせない時、私はノートを使っていました。

ごく普通の大学ノートです。

 

私はスケジュールよりも思いついたアイデアや書き留めておきたいメモなどに手帳を使うのでノートの方が合っているのかも知れません。

 

手帳だと書き込む欄に限りがあったり、どうしてもきちんと書かなければいけないという葛藤がありました。

しかし、ノートなら罫線しかないのでどこまでも書くことができます。

幅が広いので文章だけでなく、イラストや添付資料等も直接ノートに書いたり貼ったりすることができます。

 

予定も大事ですがこれから先、自分はどうしたいのか自分に問いかけ、今考えていることを全てノートに書き出すことが大切です。

頭の中でぼんやりと分かっていることがノートに書き出すことでハッキリと分かったり、逆に頭では分かっているようだけども書き出せないということは詰めが甘かったりと見つかることがたくさん。

そんなアイデア帳をいつも私は持ち歩いています。

 

それは私の人生の参考書でもあるユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)を読んでアイデア帳の大切さを学んだから。

自由人は手帳ではなく、アイデア帳を持つということも。

是非、ノートも使ってみてください。