システム手帳活用法 ”ブレない人生”にするための第一歩

photo0000-0584

システム手帳を使いたいけど、どう使えばいいか分からず悩んでいる方は少なくないと思います。私の場合は綴じ手帳とシステム手帳の両方を持ち歩いているので使い分け等にかなり悩みました。

そんな悩みから脱却できたシステム手帳の活用法を紹介します。

 

ブレない人生にするためにシステム手帳を活用!

私はスケジュール管理や簡単なタスク管理は綴じ手帳に記入するため、

正直、システム手帳を使う目的がハッキリしていませんでした。

せっかく最高のシステム手帳を買ったのにいつも鞄の中に眠っているだけでは”宝の持ち腐れ”の良い例だと焦り、考えついた結果がこの活用法です。

 

 

まずは人生のキーワードを書き出す

自分の人生で核になるキーワードをとにかく書き出してみましょう。

システム手帳は綴じ手帳のように様式が決まっていません。

なので、シッカリ書こうと力んでしまうと思いますが、始めは何も考えずに自分の人生の「過去」、「現在」、「未来」について書き出します。

この時、直接書かずに「付箋」に書くことをおすすめします。

2014-05-07 20.08.41

人生はこれから先もあるので新たなキーワードが生まれる可能性は多いにあります。

なので、キーワードは手帳に直接書くのではなく、付箋に書きましょう。

付箋を使うことによって後から追加や削除が楽なので便利です。

 

関連するキーワードを並べる

上の写真のように関連するキーワード(付箋)を並べると繋がりが見えてきます。

その繋がりから新たな発見も見つかると思います。

付箋を活用しているので何度も並び替えが可能!

 

 

最後に

システム手帳の最初の見開きにこれがあるといつも目に入り、手帳を開く度に考えたり反省したりすることができるので試してみてください。