クルトガ ラインナップ紹介

学生を始め、現在、日本で使われているシャープペンの一翼を担っていると言っても過言ではないくらいの人気商品です。そこで今回はクルトガのラインナップを紹介します。

クルトガは主に

・スタンダード
・ラバーグリップ
・ローレット
・ハイグレード
・αゲル

の5タイプがあります。

タイプごとに特徴まとめながら紹介していきます。

 

画像のリンク先がAmazonになります。

レビューは購入の参考になりますので是非ご覧ください。

 

クルトガ スタンダード

三菱鉛筆 クルトガ シャープ 0.5mm グリーン M54501P.6

クルトガといえばお馴染みのタイプ。

シャープペンの筆頭商品です。

クルトガシリーズには「クルトガエンジン」 が搭載されており、書くたびに芯が少しずつ回転します。それにより、芯が尖った状態をキープできるのです。

また、常に芯が尖っているのでシャープな線となるのも魅力です。

 

カラー:オレンジ、グリーン、シルバー、ピンク、ブラック、ブルー

 

 

クルトガ ラバーグリップタイプ

三菱鉛筆 クルトガ シャープ ラバーグリップ付 0.5mm ブラック M56561P.24

学生向けに作られたシリーズ。

ラバーグリップにより滑り止め、疲れにくいことから長時間書き続けられます。

また、学生は筆記用具をペンケースに入れるということから、このタイプにはクリップが無いです。私個人的にはクリップは必要なので残念です。

 

カラー:ピンク、ブラック、ブルー

 

 

クルトガ ローレットタイプ

三菱鉛筆 クルトガ シャープ ローレットモデル 0.5mm ガンメタリック M510171P.43

ローレットとはグリップ部分がザラザラの金属になっており、滑り止めの役割があります。

金属が使われていることもあり重量も増します。

グリップ部分、重さは好みによって分かれるのでゴムのグリップが好きでない、重量感のあるシャープペンが良いという方におすすめ。

 

カラー:ガンメタリック、シルバー

 

 

クルトガ ハイグレードタイプ

三菱鉛筆 クルトガ シャープ ハイグレードモデル?0.3mm ブルー M3-1012

名前の通りクルトガ(スタンダードタイプ)の上位モデル。

デザインがよりシンプルに、そしてボディがアクリル樹脂からアルミになり安っぽい感じが抜けたため大人の方も安心して使えます。値段的にも。笑

グリップ部分には小窓が付いており、クルトガエンジンの動作も確認できる。

また低重心になったことにより安定した書き味になります。

 

カラー:ブルー、ピンク、ブラック、ホワイト

芯の太さ:0.3mm、0.5mm

 

クルトガ αゲルタイプ

三菱鉛筆 α-gel(アルファゲル) シャープ (クルトガエンジン搭載タイプ) 0.5mm ブラック M5858GG1P.24

最後に紹介するのは「クルトガ」と「αゲル」が合体したクルトガ αゲルタイプ。

どうしてもスタンダードタイプだと長時間使用していると手が疲れてきます。

しかし、グリップ部分に柔らかく弾力性のあるαゲルを搭載したことにより、握りやすくなりました。

しかし、他のタイプと比べて軸が少し太いのでお好みに合わせてください。

 

カラー:ターコイズ、ノーブルピンク、ブラック、ブルー、ラベンダー、レッド