1分で分かる「鉛筆の芯の硬さと濃さの関係」

鉛筆の芯の硬さと濃さ

鉛筆の芯には、HBやBを始め、多くの種類の硬さがあります。

現在、JISが定める芯の硬さには、

軟らかい方から順に6B, 5B, 4B, 3B, 2B, B, HB, F, H, 2H, 3H, 4H, 5H, 6H, 7H, 8H, 9Hの17種類が存在します。

※メーカーによって異なる。三菱鉛筆は世界最多の22種類。

 

BやHBなどの意味

鉛筆に表示されている「B」や「HB」の記号にはきちんと意味があり、ある頭文字から来ています。

「B」は”Black”のB

「H」は”Hard”のH

“Black”は黒ということから「濃い」、 “Hard”は「硬い」

 

みなさん知っていましたか?

 

2BなどBの前の数字が大きくなればなるほど、芯が軟らかくなり、濃い黒となります。

そして、2HなどHの前の数字が大きくなればなるほど、芯は硬くなり、薄くなります。

 

芯の硬さと濃さの関係

鉛筆の芯の硬さは、芯に含まれる「黒鉛」と「粘度」の割合によって変わります。

黒鉛が多く、粘度が少ない場合→軟らかくて濃い

黒鉛が少なく、粘度が多い場合→硬くて薄い

という関係になります。