システム手帳を使いこなすには先ず毎日持ち歩くこと

システム手帳の使い方を見つけるまで

2014-06-10 04.46.21-2

A5サイズシステム手帳の魅力「なによりも頼もしいパートナー」という記事にも書きましたが、現在、私にとってA5システム手帳というのはいつもそばにいるパートナーです。

なので、いつも振り返りたいこと、簡単に言えば重要だなと思ったことをシステム手帳に書き出してます。

例えば私の場合、

読書をしていて書き留めておきたい言葉ゲームをやっていて閃いたこと

 

綴じ手帳では毎年変わってしまうため、システム手帳に書くようにしています。

そうすることでシステム手帳の中身は自分にとって大事なキーワードがドンドン貯まっていきます

ビジネスマンでない私にとってシステム手帳というのはいまいち使い方が分からかったのですが、いつも持ち歩く、そして何年も使うということから「振り返りたいことをシステム手帳にまとめる」というスタイルを確立することができ、何となくシステム手帳にどんなことを書けばいいか自分なりに分かってきました。

 

▼システム手帳にまとめる活用法

システム手帳活用法 「目標管理」重要な記録はシステム手帳にまとめると便利!

 

習うより慣れろ!

人の活用法を見るととても参考になり、勉強になります。

でも、自分なりの活用法を見つけるには実際に使ってみた方が早く見つけられると思うので、活用法がよく分からないという方はシステム手帳と向き合う時間を作り、そして時間をかけることが大事かなと思います。

私自身も活用法を身につけるまで「持ち歩いてるけどバッグの中で眠っているだけ」という状態が続いた期間は長いです。

でも、家でお留守番ではなく、使い方が分からなくても毎日持ち歩いていたから常にどうすればシステム手帳を使いこなせるか考えるようになり、そして好きなり、心が通じ合って大切なパートナーにまでなったのではないかなと自分では思っています。笑