勉強にはボールペンを使うと便利!

最近の学生は勉強の際にボールペンを使う生徒が増えているようです。

ボールペンを使う利点としては元教師の視点として「間違えた所が残る」、「インクが減ることにより達成感が出る」という点が魅力です。

「消しゴムを使う時間を短縮できる」というのも理にかなっています。

文房具好きとしては消しゴムを使って欲しいですが。笑

 

PAK69_penwomotunotedesu20140312500_mini

 

間違えたところは消すな!

大学時代に塾の講師をバイトでやった時や教育実習、教師時代、たくさん生徒を見てきました。

感じたことは自分が学生時代の時に比べて間違えた所を消す生徒が増えているということ。

自分も学生時代はその一人でしたがw

分かります、プライドが傷つく感じ。笑

 

結構できている”ような”子に限って消しちゃうんですよねー。

塾ではできている、けどテストの点数はいまいち。。。

そういう生徒たちにこういう傾向があります。

しかし、勉強でボールペンを使えば消す事ができません!!

間違えた所を残して復習することが大事です

 

使い切った芯は捨てずに取っておく

こちらは受験勉強などよくある話です。

ボールペンを使うとインクが減っていきます。替芯があるボールペンであれば芯だけ交換すれば使い続けられるので便利!

そこで、インクを使い切ったら捨てずに保管しておくと達成感が湧いてくるのでおすすめします。

 

数週間でボールペン数十本使い切ったなどの伝説を聞いたことがあります。(しかも丸付けだけで)

そういった域に達した人は必ず志望校に合格していますね。

 

さいごに

文房具と勉強は切っても切れない関係です。

文房具が好きだった私は文房具のおかげで勉強から逃げ出さず、そのおかげで大学、そして教師というところまで辿り着けました。もちろん、学費を払ってくれた両親やお世話になった先生など感謝すべき人はたくさんいます。

しかし、一番大事なのは自分との闘い。

そういう経験があるから今こうしてブログという形で皆様にお伝えすることができています。

文房具で生活や人生(ライフスタイル)が変わる。

そこが文スタの原点です。