システム手帳でスマートにこなすスケジュール管理

スケジュール管理といえば、アナログ派・デジタル派に分かれますよね。どちらも便利なので、お好きなものを使うことをオススメします。

今回は、アナログ派の筆頭ともいえる「システム手帳」を使ったスケジュール管理を紹介していきます。

システム手帳を使いこなせれば、より一層スケジュール管理、そして毎日の仕事が楽しくなること間違いありません。

一番の魅力は肌で感じることができること

システム手帳

パソコン、タブレット、スマホのデバイスを問わず、様々なタスク管理ツール、スケジュール管理ツールがあります。恐らく、そのようなツールを使った方がスマート、かつ管理しやすいでしょう。

しかし、それでもアナログのシステム手帳を使うのには理由があります。

システム手帳こそ真のスマート

システム手帳

デジタルのツールは使い方を知っていれば誰でも使うことができます。
しかし、システム手帳は、購入してもすぐに使いこなせません。

どちらもアイデア一つで大きく変わることに間違いありませんが、システム手帳は見ただけで伝わるものがあるのが大きな特徴です。

革の味、使っているペン、リフィル、そして何よりも、タスクやスケジュールの管理方法、全てにユーザーの個性や味を感じることができます。

字の綺麗さ・汚さも一つの記録になります。月日が経ち、現在のものと見比べた時、字の綺麗さや管理方法に変化が現れるかも知れません。

さいごに

私は「ほぼ日手帳」も併用しています。ほぼ日手帳オリジナルのサイズ感、そして、気兼ねなく書き込める楽しさはとても愛着が湧きます。

しかし、仕事で商談などをする時のために、”ズッシリとした”システム手帳を持っておくとモチベーションも上がり、一段とスケジュール管理が楽しくなりますよ。