システム手帳の使い方「やりたいことを書く」

システム手帳は自由である一方、使い方や書き方に悩むでしょう。

私も使い方がハッキリするまで苦悩し続けました。

しかし、システム手帳はいつどんな場所でも頼れるアイテムです。

 
IMG_2715

今回は文房具ブロガーの諏訪亮祐としてだけでなく、ライフクリエイターの諏訪亮祐としてもシステム手帳を持つことをお勧めします!

 

では、どんな使い方をするか紹介します。

 

関連記事
誰でもできるシステム手帳の使い方

 

夢や目標、やりたいことをシステム手帳に

手帳をスケジュール帳にするならばシステム手帳は要りません。

綴じ手帳で十分です。むしろ、私はデジタルな人間でもあるのでスケジュール管理に関してはスマホやパソコンなどのデジタルツールを使うのも良いと思います。

 

しかし、私は手帳を持ち歩きます!

(ほぼ日手帳とA5サイズのシステム手帳)

 

せっかくシステム手帳を選んだのであれば夢や目標はもちろん、自分のやりたいことを書きましょう

 

・それらを明確にシステム手帳に書き出し、予定を立てる。
 

・自分のやりたいことをシステム手帳に書き、いつでも見れるようにして忘れないようにする。
 

・頭の中でだけでなく予定を立て実行する。
 

という点が重要なポイントです。

 

予定を管理したいのか?予定に管理されたいのか?

 

システム手帳を使っても綴じ手帳と同じようにスケジュール帳となってはもったいないです。

 

「手帳を変えても人生変わらず」

 

大切なのは書く内容です。システム手帳の使い方で悩んだ時はやりたいことを書くようにすることをお勧めします!

 

▼システム手帳が欲しくなった方は
文房具ブロガーが選ぶシステム手帳おすすめブランド